カンタンFX講座

米ドル/日本円(USD/JPY)

スポンサーリンク

「米ドル/円」はFX初心者にとって基本の通貨ペア!

FXを行う際に通貨ペアの特徴を把握しておくことは、経済指標と同じくらい重要な意味を持ちます。まず世界の為替相場の主役といえば「米ドル」。金、原油などの決済にも使用され、取引高は世界最大。それだけ強い影響力がある、「基軸通貨(キーカレンシー)」です。
FX初心者にとってドルと円の通貨ペアは、他の外貨に比べて値動きが穏やかなために扱いやすいといえるでしょう。ちなみにドル/円の通貨ペアは「USD/JPY」と表記されます。
米ドルで儲けるには?アメリカドルの特徴とリスク FXのはじめ方

通貨ペアの特徴

米ドルが動く要因のひとつは「通貨政策」によるもの。米国の金利はFOMC(連邦公開市場委員会)で決定されますが、「利上げ」⇒「ドル高・円安」、「利下げ」⇒「ドル安・円高」になる傾向が見られます。また、過去の政権を振り返ると「共和党政権」⇒「ドル高」、「民主党政権」⇒「ドル安」といえそうです。これは共和党は自由貿易主義であることから「ドル高」に向かい、民主党は国内産業を保護する動きが強いことから「ドル安」になりやすいうわけです。
また、2007年のサブプライムローン、2011年の東日本大震災などの影響で円高傾向が強まり一時、75円/ドルを付けることもありましたが、2012年以降はアベノミクス効果で円安に向かい、120円台/ドルまで回復。この状況はしばらく続くものと見られます。
米ドル/円は値動きが穏やかでFX初心者に向く通貨ペア FXちゃお

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.