カンタンFX講座

ユーロ/日本円(EUR/JPY)

スポンサーリンク

米ドルと反対の値動きをしやすいユーロ

「ユーロ」は欧州の為替相場の安定と経済的発展のために導入され、アルファベット表記は、「EUR/JPY」。米ドルに次いで世界で二番目に取引量が高いユーロは第二の基軸通貨としての役割も大きいです。米ドルを含まない日本円との通貨ペア、いわゆる「クロス円」のなかではもっとも人気が高い通貨。ユーロは米ドルと反対の値動きをしやすい傾向があり、ドル/円が動かない時に取引高が首位になったことがあるほど。比較的デイトレやスキャルピングに向いたペア通貨といえます。
ユーロ円はスキャルピングやデイトレードにむいている! FX Works

通貨ペアの特徴

ユーロが誕生したのは1999年とまだ歴史も浅く、EU加盟27か国のうち現在、17か国が使用しています。ユーロの流通をコントロールしているのは「FCB(欧州中央銀行)」です。通貨の誕生当初はFCBのとりまとめがうまくいかなかったり、使用国間での意見が対立するなどして、ユーロ安が続いていました。
しかし、2001、2002年と貿易収支が黒字になったうえ、2001年にアメリカで同時多発テロ、サブプライムローン問題が起き、米ドルへの不安感が高まったこともあり、ユーロ/円の為替レートも上昇。2012年2016年1月時点では50円近く上がっています。
ユーロ(EUR)の特徴から為替の売り時・買い時をみる FXのはじめ方
ただし、最近はドイツ銀行の巨額債務、フォルクスワーゲンの不正問題など、主要国であるドイツの情勢が悪化した場合、リスク回避のためにユーロ/円のパニック売りに拍車がかかる可能性も。ユーロは米ドルに比べて投機中心の取引が多いので、ユーロ圏全体の景気動向をしっかり把握していくように努めたいものです

その他オススメ記事





Copyright(c) 2017 カンタンFX講座 All Rights Reserved.